引越し 吊り上げ 料金

 

引越しで家具の吊り上げ料金を安くする方法

引越し 吊り上げ 料金

引越し 吊り上げ 費用

引越し 吊り上げ 価格

引っ越し 吊り上げ 料金

 

新居の玄関や階段がせまい!
リビングが2階なので、大型の家具や家電が階段から運び入れできない!

 

そうなりますと、ベランダから吊り上げて入れるしかありませんが、気になるのはその料金です。

 

ベランダから吊り上げるにはクレーンが必要なので、引越し費用が結構かかりそうですね。
そんな中でもできるだけ費用は安くしたいと思いませんか?

 

それなら、引越し業者一括見積もりで吊り上げ料金込みの見積もりを取ってみましょう。

 

引越し 吊り上げ

 

一度、情報入力をすれば複数の業者からの見積もりを取ることができます。
家具の吊り上げ希望と記載すれば、その分の見積もりもしてくれます。

 

複数の引越し業者に何度も見積もりを依頼する手間がなく、1番安い業者を簡単に探すことができますよ。
煩わしい引越し業者選びが簡単に出来ますので、オススメです。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しと繁忙期

 

引越し繁忙期

 

引越し業者には1年で1番忙しい時期があり、この時期を繁忙期と言います。

 

繁忙期は3月前後です。
この時期は新大学生や新社会人、人事異動で転勤するサラリーマンととにかく人が一斉に引越しをする時期なのです。
当然引越し業者もスタッフを増員して繁忙期を迎えるのですが、数が多すぎて到底及びません。

 

この時期の引越し費用が通常期よりも高めに設定されていますし、割引も期待できません。
繁忙期に少しでも引越し費用を安くしたいのであれば、早めに準備することをオススメします。

 

新居の住所が決まったらすぐに複数の引越し業者に一括見積もりを取りましょう。
繁忙期だからといって引っ越し価格はどこでも一律同じという訳ではありません。

 

早めに申し込めばそれだけ多くの引越し業者からの返事がもらえますが、これがギリギリになればなるほど1社減り、2社減りと最後にはとうとう1社も来ないという事態もあり得るのです。

 

繁忙期は特にスピードが物を言いますので、新居が決まったらすぐに行動しましょう。

 

 

引越しの手順

 

引越しの繁忙期

 

引越しのおおまかな手順を確認しておくと役に立つと思いますので、ぜひご確認くださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しといえば早く引越し業者を決めたいところですが、新居の住所がわからないと正確な引越し費用が算出できません。

物件までの距離が遠い、上層階なのにエレベーターがない、トラックが近くに停められないなど引越しに時間がかかると想定できる現場は費用が高めになります。それだけ人件費がかかるからです。
引越し業者に見積もりをするタイミングは、新しく入居する物件が決まってすぐがオススメです。

 

そして引越し当日までにできるだけ新居に運ぶ荷物を減らしましょう。
なぜなら、いらないものを運ぶのにも費用がかかるからです。

 

不用品は売る・あげる・捨てるなどして荷物を減らしましょう。

 

あまり使わないものから梱包すると、引越しがスムーズです。

 

市外引越しの場合は現住所に最寄りの役所に転出届を出します。引越しの2週間前から出すことができます。
これを出し忘れるとわざわざ提出に戻るか、郵送してもらうなどの手間になるので必ず引越しする前に出しましょう。

 

電気・ガス・水道は日割り計算で精算してくれますので、まずは各会社に「引越しするので○○日まで使いたい」と言いましょう。
支払い方法は会社によって違うので、電話で確認してください。

 

引越しの日は家具の置き場所などを指定してください。
家具は重いので後で移動が簡単にできませんから、引越しの際にどこに置くかしっかり決めておきましょう。

 

郵便物の転送は最寄りの郵便局で出来ます。
1年間は転送してくれますので、その間に知人に引越しした旨をハガキやメールなどで連絡して下さい。

 

同じ市内での引越しなら転居届を、市外からの引越しなら転入届を新居の最寄りの役所に提出してください。

 

他にも住所変更が必要そうな、免許証・保険・パスポート・カード会社・銀行などには連絡してください。
身分証として使っているものは早めに変更しましょう。

 

いろいろすることはありますが、一つずつこなせば案外すぐに終わるかもしれません。
頑張ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

引越し 粗大ゴミ 処分 引越し 最安 方法 引越し 経費 引越し 金額 お金 引越し